ニシンのマリネ


朝から草刈り。とはいえ、僕らの朝は遅い(笑)。すでに炎天下。水源への道と石組みの水路周辺を刈る。畑で大きなアオダイショウを見る。ちょいの間の草刈りで滝のような汗をかく。僕らはいまだにエンジン式の草刈り機を持っていないので大鎌で手刈りしているのだった。

昨日、ネットで注文しておいた「ピチット」が到着したので、さっそくニシンのマリネを仕込んでみた。しかしネットは商品の購入だけでなく、料理のレシピを引くのにもすごく便利だ。ニシンのマリネはデンマークの伝統的な料理で、日本のしめサバのようなものなんだって。まずはマリネ液をつくる。冷蔵庫からトマト2個を取り出し、湯剥きして小鍋でつぶしながら煮てピュレにする、それに畑から採ってきたばかりのニンジンをすりおろして入れる。鍋が冷めたところでタマネギのスライス、ワインヴィネガー、黒胡椒とクローブをつぶしたものを投入。これを保存容器に入れて一晩寝かせる。

middle_1121400605 middle_1121400080 middle_1121400061

middle_1121402452 middle_1121402473 middle_1121402494

middle_1121400133 middle_1121400155 middle_1121400176

“ニシンのマリネ” の続きを読む


ジャガイモ収穫


朝、畑へ出るとジャガイモがイノシシにやられていた。囲いは壊れていないのでどうやら水路を飛び越えたようだ。被害は少ない。掘ったところもけっこう食べ残しがあり、大きめのジャガイモが食べられることなく転がっていたりする。相方と相談し、結局この日に全部収穫してしまうことにした。

僕らは仕事を始めると、くぎりがつくまでとことんやってしまう。食事抜きで午後までぶっ続けで収穫完了。全収穫量は100kは軽くいってるだろう。かなり大きくなっているものもあったが、割れや虫食いはほとんど見られない。土寄せと後半に雑草を残したのが良かったのが、青焼けも数えるほどしかない。味もすばらしい。これでうまく貯蔵すれば来シーズンまで自家製で料理が楽しめそうだ。

しかし、雨上がりの畑で泥まみれ。疲れた!

middle_1121388967 middle_1121389000

middle_1121389026


レー モンド


またまた締め切りぎりぎりで連載をアップ。僕も大変だが、こんなスレスレの綱渡りに慣れない相方も胃が痛くなって大変らしい。鬼石のヤマト便の朝イチの便でデータCDを発送し、その足で図書館へ。予約していた建築家レーモンドの特集号の『上州風』をゲット。さっそく写真にある軽井沢の「夏の家」を見に行くことにする。藤岡から高速に乗ると軽井沢はちょいの間で着く。

middle_1121281960 middle_1121281984

“レー モンド” の続きを読む


ピチット


『現代農業』連載の本描き、今回のテーマは「石垣」。はやく終わらせて町の用事を片付けようと思っていたのだが、手こずる。まったく毎回毎回たいへんなのだこの連載は。でもこの連載をまとめた単行本はきっと社会にインパクトを与えるものになるだろう。そのとき、鋸谷式間伐はさらにメジャーになるはず。

Y嬢旅先の北海道からクール宅急便が届く。運んできてくれた宅急便の運転手はお姉さん(ちょっと太め)でハアハアゼイゼイ「ふだん歩かないからね」。中に生ニシンも入っていたので、ネットで「ピチット」を注文した。浸透圧を利用し、食材から水分と臭みを抜くという薄いシート状の製品だ。これでニシンのマリネを作りたいが、到着が間に合うかな? ともあれ山暮らしで動物性タンパク質を最良に保存・生かすためのツールにちがいない。
“ピチット” の続きを読む


高崎哲学堂


近所に住む篤林家のKさんの山を見に行き、帰りに線香林の雪折れなどを見学して、にゃん太郎君とS子さんを本庄駅まで送る。その足で高崎へ出て、駅近くの旧井上邸「高崎哲学堂」を見にいく。コンクリート打ちっぱなしの「高崎市立美術館」の裏手に大きなケヤキの木立と高い塀に擁された一角があり、土日のみ無料で見学できるようになっている。

middle_1121036702 middle_1121036726

“高崎哲学堂” の続きを読む