小田漁港から船上へ


早朝、N先生を自宅まで迎えに行き、志度へ向かう。志度の小田漁港に石田高校卒業生の若き漁師がいるのだ。彼の船に乗せてもらい、定置網漁を見学させてもらうことになっている。そして、上がった魚を本日のGomyo倶楽部新年会で食べるのだ。

彼の家は代々の漁師で父親も現役の漁師なのだが、父の船の手伝いをするわけではなく、いきなり船を持って独立してやっているという。

“小田漁港から船上へ”の続きを読む