男木島の石垣と空き家、ニッキの茶、じょうこカフェ


朝8時のフェリーで男木島へ。昨年のワークショップを経て、島の関係者たちで再生した石垣を見に行った。

“男木島の石垣と空き家、ニッキの茶、じょうこカフェ” の続きを読む


男木島・石垣完成! ハードディスク3TB


男木島ワークショップの残りの石垣を、島の人たちが土曜・日曜と一日半かけて完成したそうです。写真が送られてきました。

“男木島・石垣完成! ハードディスク3TB” の続きを読む


石積みと人力の土木工事


アトリエのバルコニーから見える男木島。今日は海が美しい。ふだんはサクラの木が葉で覆い隠してしまうけれど、冬にはこのように見ることができる。今日は島の人たちが石垣の続きを積んでいるはずなのだ。様子を見に、手伝いに行きたい気もするが、こちらも仕事が詰まっていている。それに、島の人たちだけで試行錯誤する時間も貴重かもしれない。

“石積みと人力の土木工事” の続きを読む


運慶展へ


運慶、私の最も好きな仏師・彫刻家のひとりである。小学校のとき教科書の写真で東大寺南大門の仁王像を見て以来のファンだ。修学旅行で奈良に行き、本物にさらに感激し、運慶の凄さに対する思いは確信となった。他の作品を見たい・・・しかし運慶の作品は少なく、地方に散らばっており、奈良でも他の像は特別開扉のときしか見れないのだった。

チャンスが訪れたのは 1994(平成6)年、35歳のとき。大学時代の友人の結婚式のため九州へ行く途上、奈良国立博物館で「運慶・快慶とその弟子たち:特別展」を見た。円成寺の「大日如来座像」と高野山霊宝館の「八大童子」六躯が来ていた。

その後、2006年には伊豆の願成就院で毘沙門天ほか数躯の運慶作を、そして高松に越してから、興福寺北円堂の特別開扉で無著・世親像を、遂に見ることができた。これで運慶の傑作といわれる仏像は大方見たはずだ。

だが今年、驚くようなニュースが飛び込んできた。運慶の作品が集結する展覧会が、秋に東京で行なわれるというのだ。運慶作の仏像はわずか31体といわれているが、そのうち22体が集まるという。どうやら興福寺の改修や国宝館のリニューアルオープンとも関係があるのか、ともあれ過去に例がない大規模な展覧会をやるのだ。

“運慶展へ” の続きを読む