カボチャの煮方


昨日のカニのせいか、今日はバリバリに体調がいい(笑)。夏バテも全然ない。早起きして仕事。涼しくなったので部屋の中も快適だ。困るのはバロンが「相手して」と鳴いてくることだ。

昼は豆のサラダをつくり、また例の方法でカボチャを煮てみた。皮を下にしてステンレス多層構造鍋に一列に並べ、酒と醤油を少しさして、鰹節をふりかけてフタをして弱火にかけ、蒸し煮にする方法である(『丸元淑生のクックブック』による)。僕の場合、ビタクラフト鍋は持っていないので、フタの穴から蒸気が上がり、「チリチリ」と焦げかかる音がするころに火を止めて保温調理をする。

30分もすると、竹串がすっと入るほど軟らかく煮えている。煮汁はほとんど残っていない(焦げてもいない)。鰹節の香りがよく合い、カボチャの自然の甘みも凝縮され、コクがり味もすこぶる良い。これを食べると、出来合いの総菜のカボチャ煮などは甘辛すぎてとても食べられない。

“カボチャの煮方”の続きを読む


マダコ、草刈り、ナスとジャガイモのカレー


今日は午前中、近所の直売所へ買い物に行った。この季節、果物はイチジクしか置いていない。ナスやニンニクを買ってからスーパーに回ってみたら、久々に活きの良さそうなタコが売っていた。

“マダコ、草刈り、ナスとジャガイモのカレー”の続きを読む


春のイカナゴ


「しんこ」・・・東京ではコノシロの幼魚で寿司ネタとして有名であるが、こちら関西ではイカナゴの稚魚(生後3〜4ヶ月のもの)をいい、瀬戸内の春を告げる魚として知られる。そしてこちらの人は、これを醤油とみりんで煮た「いかなごのくぎ煮」を尊ぶのである。イカナゴは、2月末から4月半ば頃までの、体長3cm前後が最もうまいと言われている。

“春のイカナゴ”の続きを読む


白金時豆のサラダ、最強カツ丼+讃岐ヌーボー


高松の自然食品店で大正金時豆をみつけて、豆サラダで食べたら美味しかったのでまた買いにいった。そうしたら同じ生産者の白金時豆というのもあったのでそれも買ってみた。北海道産だが、放射能検査などもやっているらしい。

1217-1

“白金時豆のサラダ、最強カツ丼+讃岐ヌーボー”の続きを読む