最強のヤキソバ


地区の共同清掃に参加。国道の草刈りとゴミ拾いを朝から2時間ばかりやる。まわりはお年寄りばかりだが、作業の合間にいろいろ聞いたりして取材。

アトリエに戻って朝食兼昼食は焼きそば。富士宮の焼きそばを思い出し、ちょうど豚肩ロース塊があったのでその脂身部分を細かく切り、中華鍋に投入。ヘラで押しつけながらラードを滲み出させる。これはチャーハンなんかでも有効なテクだが、ラードが出きった後に焦茶色の脂片が残る。これを「肉カス」といい、富士宮では焼きそばの味わいに使っているのである。

“最強のヤキソバ”の続きを読む