2017九州豪雨!(その2)


2017九州豪雨、連日テレビの映像や続々とアップされるYou Tube の映像などを見ている。この頃はドローンでの撮影が導入されているので、現地の様子がよく解る。

それにしても凄まじいまでの流木である。多くが根っこを付けていることから、土砂崩壊で滑り落ちたスギと思われる。そしてかなり太いサイズのものが混じっているのが特徴的なのではないだろうか。

“2017九州豪雨!(その2)”の続きを読む


2017九州豪雨!


今回の九州豪雨、所によっては500ミリ以上の雨が降っている。これはヨーロッパ諸国の年間総雨量にも匹敵する。が、この程度の雨は、日本の山間部ならこれまで何度も降っている。50年から100年の間には出くわす雨である。

それより押し流された流木の多さと、とくにその太さが特徴的だ。あの通直さ、皮の剥け方、明らかにスギである。九州は戦後の拡大造林時に植えられたスギ林がたいへん多く(被害の集中した日田はその一大植林地でもあるのだが)そのスギは根の貧弱な挿し木苗から育てられたものだ。

“2017九州豪雨!”の続きを読む


南三陸さんさん商店街のスギ


車中泊した「道の駅 おおさと」から夜明け前に車を出発させた。下道と三陸自動車道を使ってまず石巻まで行ってみる。下道は、脇道に入れば補修跡が多くてガタガタとする。三陸自動車道は鳴瀬奥松島~志津川と先の部分開通区間が無料となっており、明け方から大型トラックが行き交う。

石巻の商店街に石ノ森章太郎のイラストや人形キャラがたくさん飾られている。海に出ると「石ノ森萬画館」が見えた。石ノ森の原案をもとに「宇宙船」をイメージして作られたこの建物は、震災で大被害を受けたが、2012年の11月に営業を再開している。

“南三陸さんさん商店街のスギ”の続きを読む


使いたい素材から始まる


隈研吾『自然な建築』読了。普通、建築設計は部屋をどう並べるかという平面計画があり、次に外形が決まり、最後に仕上げ素材の材料選びが行なわれる。が、隈建築は逆のプロセスをとる。いきなり最初から、使いたい素材を選んでディテールまで考える。

こんなディテールで作られるからこそ、この配置、この平面、この断面にすべきだという順序で、デザインを進めていく。それが物質としての建築を決定する際の、誠実な手順、物質に対して誠実なプロセスだと信じている。(隈研吾『自然な建築』)

うん、これはよくわかる。しかし、現代住宅の設計でこんなメンドウで悠長なことは、よほど施主のこだわりがないかぎり行なわれない。先に部屋割りや形を決められ、次に各カタログの山から素材を決めさせられていく(こうして凡庸な、魅力のない新建材住宅が量産される)。

“使いたい素材から始まる”の続きを読む