スギ床にゴロンとしたい訳と静電気・雑巾がけの関係


ポエングにも飽きたので、シュラフを床に敷いてごろんと横になってみた。この体勢で火鉢をいじりつつお湯割りを飲む。リクライニングとはいえイスの場合は、ある程度おなじ体勢を強いられる。それが窮屈だ。その点、床の場合は自由。そして、やはりスギ無垢のフローリングは軟らかくて温かくて最高だ♬

“スギ床にゴロンとしたい訳と静電気・雑巾がけの関係” の続きを読む


あらためて漆喰壁とスギについて


いよいよ薪火の季節到来ですな! さて、囲炉裏暖炉だが、その直立する石壁は、ほぼ全域にわたって黒くなってきた。最初は炎の通り道だけ煤けていたのだが、3シーズン目に入ってさすがに貫禄が出てきたわけですな。だけど、これだけ全体に煤けてくるということは、やはりいくらかは煙が外漏れしているのだな。

“あらためて漆喰壁とスギについて” の続きを読む


囲炉裏暖炉のスギ枝


囲炉裏暖炉の季節がやってきた。とはいえ今晩はTシャツ姿で火に当たっていたけどね(笑)。スギの枝をGomyoから持ってきた。竹を切ってスギの大木を救出したのだが、枯れ枝がたくさん落ちていたのだ。それを夜中だけちょっとずつ燃やしている。こんな楽しみ方は囲炉裏ならでは。

“囲炉裏暖炉のスギ枝” の続きを読む


フジバカマ、オリーブ豚、スギの枝


讃岐は秋祭り、獅子舞の季節だ。私の住む町でも太鼓と笛の音が聞こえていたが、車で移動中、各所ではっぴ姿の獅子舞集団に出会うのだった。四国住まい7年目の私の中で、獅子舞の太鼓と笛の音は季節の風物詩になっている。

Gomyo倶楽部の定例活動から戻って、その作業着のまま畑の草刈りを少しする。かなり放置してしまい、通路にエノコログサがびっしりと生えてしまった。フジバカマがこんな大きな株に成長した。

“フジバカマ、オリーブ豚、スギの枝” の続きを読む