固定種キュウリの味、タチウオ干物6日目


このところ毎朝「朝ドラ/ひよっこ」を見るまでの約1時間、畑に出て仕事をしている。今日は草取りの他にサトイモの株分けをして空いた場所に植え替えた。

“固定種キュウリの味、タチウオ干物6日目” の続きを読む


サトイモ株分け、スギ板のシミ


明日がGomyoの御田植え祭だが、手植えした田んぼの除草が気になり午後から現地へ出かけることにした。他のメンバーは午前中から代かきなどの準備に入っている。ついでにサトイモを少し持っていくことにした。子芋を取らずに放置したままのサトイモ株がぎゅうぎゅう詰めで苦しそうにしているからだ。

“サトイモ株分け、スギ板のシミ” の続きを読む


植物に励まされ・・・


玄関脇に植えたバラが開花した。アトリエの壁面はフォレストグリーンなので、補色の赤〜ピンク系の花が似合うわけである。というわけでバラを植えたのだが、ちょっと色がキツかったかも? でもバラは大好きな花だ。今年はちゃんと手入れしてやろうかな。

ガザニア。いただいたものが花を終えたので地植えしておいたら、また咲いた。強烈なコントラストの大輪の花。南アフリカ原産で多年草。暖地では宿根草になるという。君は冬越しできたわけだ。

ゼラニウム。これもいただいたものが花を終えたので、ダメもとで地植えしておいたら、また咲いた♫。花の匂いはよくないのだが、色と共に全体の容姿にそそられる。

“植物に励まされ・・・” の続きを読む


里芋と白菜の味噌汁、ツバスの刺身


料理研究家、土井善晴さんの『一汁一菜でよいという提案』という本が評判をよんでいる。いまネットで、土井vs糸井重里の新春対談が読めるが、それもなかなか面白い。たしかに味噌汁とゴハンさえ美味しければ何とでもなるものだ。副菜は納豆でもいいし、目玉焼きでもいい。削り立ての鰹節や焼き海苔、梅干しや佃煮、そして菜っ葉や漬け物・・・。

私も昔から一汁一菜だが、和でいくときは味噌汁を中心に考える。今日はサトイモとハクサイを組み合わせてみた。味噌汁のすばらしいところは、さっと作ることができて、かつ季節の野菜の組み合わせが無限にあることだ。

“里芋と白菜の味噌汁、ツバスの刺身” の続きを読む