小田漁港から船上へ


早朝、N先生を自宅まで迎えに行き、志度へ向かう。志度の小田漁港に石田高校卒業生の若き漁師がいるのだ。彼の船に乗せてもらい、定置網漁を見学させてもらうことになっている。そして、上がった魚を本日のGomyo倶楽部新年会で食べるのだ。

彼の家は代々の漁師で父親も現役の漁師なのだが、父の船の手伝いをするわけではなく、いきなり船を持って独立してやっているという。

“小田漁港から船上へ”の続きを読む


アオアジのサンガ焼き


畑のマクワウリがよくできた。この夏の2玉目。

0729.1

初回の玉よりも熟れて、香りも甘みもなかなかだった。

0729.2

さて、アジを狙っているのだが不発が続いている。というわけでスーパーで買い物w。

0729.3

アオアジが3尾200円で売っていた。こちらでの表記は「あおず」。マアジほどあぶらののりがなく水っぽいので安いのだ。それなら叩いて味噌で和えるサンガで食おう。

0729.4

“アオアジのサンガ焼き”の続きを読む


アジとハチクのフライ


毎日の自炊率は95パーセントを越えている。近所の食料品店やスーパーはしらみつぶしに見てまわり、どこが安くて新鮮か? ここでは何がお得か? というようなことを日々探索している。なにしろ万年金欠の身の上、真剣にならざるをえない。

引っ越してからはすっかりフィッシュベジタリアンになってしまったので、魚介の強いスーパーはあそことあそこ・・・ということは解った。

今日は地元産の果物と野菜を産直で売ってい売ってる店に入り、その品揃えの豊富さと安さに目を見張った。

ここは前から目をつけていた。が、午前中でおおかた売れてしまう場所なのだった。この時間に車が満杯。年金族と思われるじいさんがネーム入りの漬け物袋などをひったくるように買っていく。

150円のイチゴパックがあり、カブや空豆や柑橘類が100円代から売っている。しこたま買い込んで1000円ちょいだった。ハチクをみつけたので1本買ってみた。

middle_1432124009

“アジとハチクのフライ”の続きを読む