果物ジュース、鍋ぶた修理、マッシュルーム炒め


お供えに頂いた果物を消化中。マスカットなど自分ではまず買いませんな。リンゴもそれほど・・・。

2つを合体させ、低速ジューサーで絞る。すごく贅沢な100%果汁ジュース。

好きな人にとっては極上のものなのだろうが、私にはちょっと甘過ぎて、思わず焼酎を入れたくなった(コラコラ)。

鍋のフタを間違えて空焚きしてしまい、ツマミが破損してしまった。接着剤で付けてみたが、たぶんダメだろうな・・・。新潟県の燕市にある鍋のメーカーに電話してみたら、このBELTAという製品は輸入ものなので部品はないとのこと。

なんだ燕で作っているんじゃないのか! 気に入っているので永く使いたいのに・・・。この鍋、Amazonでも評価が高い製品で「フタの裏側が内側にグッと反っていて水滴がどんどん鍋の中へと落ちていきます。弱火であれば無水調理に近い状態になり野菜の甘みも存分にでます」と書いている人がいるが、つまりビタクラフトと同じような使い方ができるのだ。


というわけで、ツマミを木で自作することにした。

ブラックウォールナットの端切れを切って、鍋のカーブに合わせて丸刀で彫り込みを入れ・・・

裏側からインパクトドライバーで長めのビスを打ち込んで止める。これだけw。

なかなかきれいだし、使いやすくもある♬ 耐久性はどうかな。

マッシュルームを炒めてみよう。岡山は牛窓産のブラウンマッシュルーム。水洗いはNG、布巾で土を落すだけにする。

5㎜くらいに切って塩とブラックペッパーをまぶし、オリーブオイルをかけて混ぜて10分くらい置く。

ニンニクをオリーブ油で炒めておき、そこにマッシュルームを入れる。水分が出てかなりしっとりしてます。

フタをして弱火で5分くらい。かなり水気が出るのでときどきフタを開けて中火にして水分を飛ばし気味に混ぜる。フタ、なかなかいいですね♬ これ、18cm径の小フライパンにもぴったり合うのでまた便利なのだ。

今日はキノコが食べたい気分だった。キノコは低カロリーで繊維質が豊富。そして多種類のミネラル類を含み、植物にはないキトサンを持っている。

豆のサラダも作った。

こんなので冷やご飯をつまんでいたら、けっこうお腹いっぱいで満たされてしまった。

というわけで、本日は干物もお雑煮もナシ。マッシュルーム炒めは完食してしまった。炒めものというより「キノコのアヒージョ」と呼ぶべきかな。ニンニクが決め手だから。あとキノコは加熱し過ぎも厳禁ですぞ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です