バロンの首輪、アジ酢2日目


8月最終日、急に涼しくなった。気温28度。窓を開けておけば風が流れる。もう扇風機もいらないくらいだ。今日はバロンの首輪の調整をしてもらった。

レザークラフトの道具で首輪の穴を増やしてもらう。これでまたデカくなれるねw。

朝、イチジクを2個食べ、お茶だけ飲んで仕事。昼も食欲がわかないのでパスしてナシにスダチの汁をかけたものを食べる。完熟のイチジク、とくに樹上でぎりぎりまで熟れさせたものは格別に美味い! ただし今年は手入れ不足で幹に虫害がかなり入ってしまった。枝を何本か欠損することになるので、来年はどうなるかわからない。

昨日仕込んだアジとシズの酢締めが残っている。それを切って盛りつけて、畑のゴーヤーとキュウリを追加。

アジ酢はさすがに昨日ほどの味ではないが、まだ食べれる。こいつは刻んだネギが本当によく合う。

シズは、塩がなれて昨日より美味しくなっている。きれいな身の魚である。今年はアジもシズも豊漁らしく、市場に行くと安く手に入る。このシズはなんと11尾で180円だった。手間さえ惜しまなければ、こんな美味しい天然魚が安く食べれるのだ。

ゴーヤーは昨日と同じく、ちょっと火を入れたもの厚く切って、酢味噌和え。

まだ穫れる在来種キュウリ「しろうま」。きゅうりもみで食べる。

ひやご飯の3分づき。こわめし状態だが、噛みしめるとこれがまた旨いのだ。おかわり2杯目。

というわけで、これだけでお腹いっぱいになり、干物の試食まで行かなかった。さて、シズの干物はどんな味がするのかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です