散骨と、思い出の石鎚山


よい天気なので海に散骨に行くことにした。すでに骨は砕いて粉にし、散骨予定地の分に小分けしてあった。でも、まだ撒いていなかった。散骨にもなんだか勇気がいる。最初の撒き場所は観音寺の海と決めていた。闘病中に2人で何度か貝掘りに行った思い出の海だ。

“散骨と、思い出の石鎚山” の続きを読む


バカ貝を採りに行く


前々からハマグリ・バカ貝(アオヤギ)採りに連れて行ってもらう約束をしていた。

午後、三豊の貝採り師匠宅へ。

これが道具である。自家製かと思ったら、市販品だそうで、西讃では荒物屋(金物屋)で扱っているという。

0226.2

“バカ貝を採りに行く” の続きを読む


カメノテを食べる


やっぱり翌日は釣りに出かけてしまったw。午後のいい潮時を見計らって1~2時間ほどの息抜きである。瀬戸大橋の見えるゴロタ石の波止めがある海岸。自宅から車で30分ほど。

中通しオモリと袖針を買って簡単な仕掛けにワームをつけてキスを狙ってみる。が、フグにかじられてワームが次々とちぎられていく。

0820.1

“カメノテを食べる” の続きを読む


マテ貝の佃煮


今日は大潮。引きのピークが午後4時。雨が上がりそうなのでマテ貝を採りにその2。ここは本当に気持ちのいい海岸。讃岐七富士の一つ、江甫草山(江甫山・九十九山、つくもやま/有明富士とも)を望む。

0616.1

後ろはクロマツを中心にした自然林。海浜植物の種類が豊富で、市の天然記念物に指定されている。

0616.2

“マテ貝の佃煮” の続きを読む