ポークピカタ、焼酎みかん割り


朝からみっちり仕事。完成までもうひとがんばりだ。しかし、天気のいい日に机に座り続けるのはツライ。午後、男木島石垣ワークショップの担当者が論文を届けに来てくれた。筑波大の浅尾さんという方の100ページ超の修士論文である。仕事の合間に読み込んでおかねばならない。

“ポークピカタ、焼酎みかん割り” の続きを読む


島根の大シジミ


朝またバロンに噛まれて、下屋に放り出したのだが、顔を洗って2階の台所で片付けをしていたら、窓ごしに保育園の中のバロンが見えた。例によって出られなくなり、出口を探してうろうろしている。すでに園児たちは来ており、そのベランダの窓にふらふらと近づいて行く。

これはヤバい。台所の窓をガラリと開け「バロン!」と叫ぶとヤツはとっさに反応して僕を見て「たすけてよ!」と言わんばかりに鳴き出しフェンスに張り付いた。

“島根の大シジミ” の続きを読む


スダチ蕎麦


スダチが安くなってきたので箱買いする。使い道はいろいろだが、焼き魚ほかシソジュースや焼酎の水割りにしぼって使う。

そしてこの季節にまたやりたくなるのがスダチのスライスをたっぷりのせた蕎麦(実は素麺)。

0909-1

“スダチ蕎麦” の続きを読む


地レモンでいただく食


トマトとタマネギとアボカドのサラダをご存知だろうか? 私が最初に知ったのは丸元さんの料理書『丸元淑生のクックブック』(初版1987)だった。それによればメキシコの伝統的なレシピらしい。

材料は

トマト 4個 8ミリ角のサイコロに切る。
アボカド 2個 レモン汁の半量をかけ、木さじでつぶす。
タマネギ 1個 5ミリ角のサイコロに切る。
レモン 1.5個 汁を絞っておく。

材料をよく混ぜ、そのまま食べる。冷蔵するときはアボカドの種を入れておくと変色しない。

なんというか、完璧な組み合わせの妙を感じる料理なのだ。切り方も大事である。アボカドはつぶさないで角切りでもいいが、タマネギの大きさと量にビビって少量のスライスなんかしてたらこの味は出ない。

レモン汁がものすごくいい仕事をする。材料自体の味でまとまるので塩はいらない。2人前ならこの半量でいいが、あまりに美味しくて、きっと平らげてしまうはずである。

0211.15

“地レモンでいただく食” の続きを読む


ダイダイの即席ポン酢


四国は柑橘王国だ。ダイダイ(橙)が安い! 関東では鍋に使ったことがほとんどなかった(だって売ってないもんw)。

0114.1

スダチの自家製ポン酢はすでに使い切ってしまった。今はダイダイで即席ポン酢を作っている。

0114.2

“ダイダイの即席ポン酢” の続きを読む